Blog | OoHiRa -(株)大平自動車-  
   

能代市の中古車選びは、OoHiRa(大平自動車)へ。大平自動車は、秋田県能代市で中古車販売・整備・車検・鈑金・ロードサービスを取り扱う会社です。

     
営業時間:9:00-18:00(日祝休)
TEL.0185-55-3131
FAX.0185-54-1486

ブログ

セレナ エアコン効かない

2021年11月4日 木曜日

「エアコンが効かなくてやばい!!」との事で入庫です。

診断機につないで診てみます。

低圧はまぁ許すとして、高圧高すぎですね…と言うより、ファン回ってない!!

コンデンサーの熱が冷えないので、高圧が上がるのは当たり前だとして、一応確認の為、

コンデンサーに水をかけ冷やしてみます。

見る見る数字が正常に戻って行きましたね。

これで、ファンが回っておらずコンデンサーが冷えないためと言うことがわかりました。

次にファンが壊れているのか、リレーかセンサーか配線が断線、短絡しているのか確認していきます。

ファンモーターから電圧を図るときちんと13Vきています。

なのに、ファンが回らないとなると、モーターの故障です。

リレーもOKです。

ファンモーターを交換したら無事にエアコンも効きました😄

ベンツ W246 メンテナンス

2021年11月2日 火曜日

いつもありがとうございます😌

今回はベンツW246のオイル交換、クーラント、エアコンガス・エアコンフィルターなどの交換です!

メンテナンスにすごく気を付けて下さり、車もかなり喜んでいますね😄

オイルエレメントはエンジン奥側にあります。

 

アンダーカバーを外してオイルを抜きます。

クーラントの交換は右側ライナーを少し取り外して行います。

赤の部分のドレーンからクーラントを抜き取ります。

 

取り外したオイルエレメントです。

純正を取り付けて行きます。

エレメントキャップのOリングにもオイルをつけます。

規定トルクでキャップを締めつけます。

今回使用するオイルはロイヤル最強オイルXPRと最強添加剤SOD-1を注入させて頂きました!!

DCTオイルも交換したいとの事でしたが、まだ大丈夫でした✨

クーラントはケミテックの輸入専用LLCを注入していきます。

真空になる機会を取り付けて一気に注入していきます。

エア抜き不要なので、時間短縮にもなり、エンジンにも優しいです。

次はエアコンリフレッシュです。スナップオンDUALPROを使い隅から隅まで、

リフレッシュします。添加剤のワコーズパワーエアコンプラスも注入しました。

測定結果外気温34℃の時室内は7℃!!

十分すぎる結果です😆

室内フィルターの交換です。

ダッシュボードの下にあります。

取り外したエアコンフィルターです。

フィルターの中に色々なゴミが入っています💦💦

新品のエアコンフィルターを交換します。

綺麗な空気は大事です!!

今回は日常メンテナンスと言うより、いかに快適に運転が出来るかというメンテナンスでした。

安心感があると、運転気分も気持ちよくなれるものです。

何より、愛車のためにリフレッシュしてあげたので、より愛着がつくはずです😊

ありがとうございました😌

F56 クーパーS ガタガタ音 

ミニクーパが、おかしい!!との事で入庫しました。

ちなみに自社のミニ子です。(先代のミニ子はお嫁に行きました!!とっても良い人に嫁がせて頂きました😊)

車乗り込んで、ギアを入れると、ゴー!!っと…これはエンジンマウントだ!!(心の声…)

確認のためボンネットの中を覗いて見てみると、見えずらい!!が…この感覚マウントしかないと、

ニュータイプなみの感を信じて、ヘッドライトを外して見てみると…

マウントが思いっきりビームサーベルで切られている…しかもオイルが漏れている…

ミニ…R系の弱点でもあったのに治っていない!!F系もダメか?!

と言うことで、リガズィからニューガンダムにはなれませんでした。

(話が脱線してしまいすいません😅💦(笑))

と言うことで、マウント交換のため邪魔になる部品をサクサク外しています。

カバーやら配管のステーなどを取り外していきます。

こちらが新品の状態です。取り外した逆の順で組付けて行きます。

はい!!無事に終わり振動も無くなりましたとさ😄🎵

E92 M3 DCTオイル交換

2021年10月28日 木曜日

M3のDCTオイル、フィルターストレーナーオイルパン交換です。

DCTオイルは大事です!!と言うより、オイル全般が大事なのは当たり前ですが、

エンジンオイルみたいに、パパっとかえることができないので、ATオイル達は過酷な訳ですし、

しかも、メーカー交換しなくても良いと言うし…

『ンなわけあるかい!!』オイルがある以上、鉄と鉄が交じり合う、

摩擦しあう時点で汚れるだろーってなるのです。

なので…オイルパン外して全交換していきます。

アンダーカバーを外します。DCTオイルパンが見えたらドレーンから抜きます。

BMW特有の抜けるオイル流れ型です😊

オイルパンを取り外します。ストレーナーが見えますので、ストレーナーを取り外して行きます。

今回の交換部品達です。フィルター…ゲトラグだってさ…これで1万~だってさ…

取り外したオイルパンです。それと、フィルターはミッション横に入っています。

DCTのホース部から、オイル漏れが、あったためOリングも交換します

ストレーナーを規定トルクで締めていきます。ボルト2個で止められていますが、

2個ともトルクが違います。

5Nmと8Nmです(^^)

オイルパンも取り付けて行きます。

規定トルクは10Nm±1ですね😊

DCTオイルはロイヤルパープルのシンクロマックス!!

35GTRにもベストマッチしますよ~(*^^*)

それと、最強SOD-1もお忘れなく!!

湯量調整をしていきます。DCTオイルはすぐ油温があがっていきますので、

診断機とにらめっこです。オーバーフローさせていき調整します

DCTのクラッチあたりなど調整は診断機で行います。

ついでに最新のプログラミングとコーディングを行います。

(調子が悪い時以外はなるべくやらないほうが良いのですが(;^ω^)

無事に最新M3のプログラミングをアップデートしました😊

(無事できて良かった😅💦)

こちらが、最優先のDCTクラッチ学習なので本来はこちらのみで良いのです。

オイル漏れを確認しまして、終了です。クラッチの繋がりが、スムーズになり、さらに速くなりました!!

V8NA420PS恐るべし!!

R56 白煙モクモク

白煙が出ているとの事で入庫致しました!!

R56MINIに限らず、オイル管理が悪いと熱でシールが広がり、冷めた時に縮まったまま、

シール部が固着してしまい、そこからオイルが、燃焼室に流れ込みます。

そこで、一緒にガソリンと燃焼して排ガスから流れ白煙になります。

R56MINIではバルブステムシールの交換が良くあります。

オイル交換はかなり大切ですよ(*^^*)

さっそくタペットカバーを開いていきます。

一番シリンダーを圧縮にして、フライホイールをロックします。

圧縮なっている時にはカムシャフトの番号が上を向いています。

バルブトロニックのボルトを外し、タイミングチェーンスプロケットなど外していきます。

カムシャフト諸々外していきます。

エアーをプラグホールに送り、エアーの力でバルブを浮かせます。

スプリングを外します。SSTを使い、それから地道に外していきます。

バルブスプリング、コッタ、ステムシールを取り外します。

取り外したシールはかなり縮んでいました。

新品のシールを組み込んでいきます。

逆の手順で組付けて行きます。

カムシャフトを取りつけた後、バルブトロニックを取り付けるのですが、SSTが無いと無理です!!

かなりの力で抑えこまないとバルブが縮まらないので、大変です。

当たり前ですが、エンジン上部なので全ての部品は規定トルクで締め付けます。

カムシャフトをロックさせます。これもSSTが必要です。

カムスプロケット、タイミングチェーンを取り付けて行きます。

この部分のトルクは特別で、規定トルク+何度の締め付けが必要です。

組付けが終わったので、バノスバルブやエキセントリックシャフトセンサー部などの掃除を行い終了です。

白煙も止まり、タイミングチェーンも交換しているので、タイミングもばっちりです。

以前に比べて加速が良くなりました。

お客様は以前と違う車みたいにと驚いていました😊

ありがとうございました😊

お問い合わせ

TEL.0185-55-3131

FAX.0185-54-1486

営業時間:9:00-18:00(年中無休)