Blog | OoHiRa -(株)大平自動車-  
   

能代市の中古車選びは、OoHiRa(大平自動車)へ。大平自動車は、秋田県能代市で中古車販売・整備・車検・鈑金・ロードサービスを取り扱う会社です。

     
営業時間:9:00-18:00(日祝休)
TEL.0185-55-3131
FAX.0185-54-1486

ブログ

エアコンステーションスナップオンDUALPROの実力

2021年3月16日 火曜日

皆さんこんにちは(^^)/

今回はエアコンステーションスナップオン DUAL PROについてご紹介させていただきます!

内容詰まったお話にまりますので二つにわけてご紹介させていただきます。

どうぞ最後までお付き合いください_(._.)_

皆さん、エアコンガスが汚れるってご存じですか?

正確に言えばエアコン配管内にあるオイルが汚くなっているのですが、、、

(。´・ω・)?

どういうことだろうと思われる方、もしくはこの記事をご覧なった後に、エアコン機能が果たして

大丈夫なのかと疑問に思われる方もいらっしゃることでしょう!

なので、わかりやすいように実車からエアコンを取り外しご説明していきたいと思います。

(以外とみなさんに好評です!!)

それでは、なぜ、エアコンガスをメンテナスをしないといけないのか。

自動車のエアコンガスにはR134aとR1234yfとあります。

(R12はこの機会では施工ができないので省きます)

まずは、R134aですが、国産車の8~9割はこのガスを使用しています。

R134aのガスは吸水性が高くR134a用ガスオイル(PAG)も吸水性が高いのです。

新車購入から1年間でエアコンガスは約10%減ります。

そして、減った分何が重点されるのかと言いますと、私たちが吸っている空気が重点されます。

その空気の中に、水分が含まれているので、その水分をガスとオイルで吸収してしまうんですね!!

日本は梅雨がありますし、雪も降ります。雪は乾燥ですが、夏はジメジメして湿度が高いですね。

低圧側のパイプのつなぎめ(Oリング)で密着している所や、ガスを注入するバルブからの

空気吸引があります。たとえ、ガス漏れが無くとも、宇宙空間みたいで、超真空状態でないかぎり、空気は

超超微量ながら、侵入するのです。

スナップオンDUALPROでは真空にする時

水分は全て引っ張られますので、(フィルター内の水分も)

水分カラカラのミイラ状態にしてくれます。

水分ゴミ無し状態にしてくれます

水分は天敵です!!

なぜかといいますと

エキスパッションバルブの凍結。エアコンが冷える原理は、病院で注射をするときに、

アルコールを塗りますね?スースーして冷たく感じる時にアルコールが塗られている

皮膚が熱を奪って蒸発しているからなのです。エアコンガスも液体を霧状に吹き付けて蒸発するときの

熱を奪った箇所(エボパレーター)の空気が冷たくなるのを風にしています。

その霧状にする部分が、水分で凍ってしまう。

わかりやすく言えば、スプレー缶の噴射する部分が、凍って出なくなるということです。

そうすると、エアコンシステムが効きません。

その2エボパレーターの内部に水が溜まり内側から北斗神拳のように穴が開いたりします!!

ですので、エアコンシーズンになる前に混入してた水分を、取り出しましょう!!

スナップオンDUALPROでは、水分を吸着したR134aガスを99.99%までの精度

(100%はこの世にないので) での新品のガスレベルまで復活させます!

(新品ガスでも、手動マニホールドゲージでガスを入れたらエアコンガスが機械を通していないので、

空気が入りやすくなります。)

エアコンは壊れたら高額になりますので、エアコンメンテナスは、必ず必要です!!

そして、壊れてしまいましたら。フラッシングが必要になります!!

こちらの説明は次へ続きます✨

 

 

エアコンステーションDUALPROの続き

エアコンステーションDUALPROの続き

エアコンが効かないと絶叫して自転車整備工場に見てもらったら、コンプレッサーの故障ですよ

~万円になります!!と言われました。

夏場のエアコン無しは地獄なので修理したのも束の間、3か月もたたない内に、またコンプレッサーの

故障、、、、

実はあるあるなんです!!

コンプレッサー交換したのに、何か調子が悪い、、、、。

これも、あるあるなんです。

全てこうなるのは、ちゃんと理由があるのです!!

何故なら、コンプレッサーが壊れる原因はほぼ焼き付けによる故障ですが、オイル不足による

焼き付けになることで、金属同士の摩耗による鉄粉がでます。

その鉄粉が、配管を廻り、コンデンサーを詰まらせると言う悪循環をもたらし、全て交換しないと

治らないと言う最悪な事態を招いてしまうのです。(~十万円)

焼き付けや何らかの故障でコンプレッサーを取りかえる場合は必ず配管フラッシング洗浄を

しなければなりません。このフラッシング洗浄を機能もDUALPROで施工できるのです!!

コンプレッサーの配管を外し、中間ホースを取りつけます。フィルター付きのホースです

 

洗浄の仕方は、配管内の鉄粉を3000gと言う多量なエアコンガスを使って、押したり、引っ張ったりして

吸引洗浄します。

主にバックリターン方式、パルス方式などがあります。

この機会と出会うまでは、配管洗浄はどれほどのブレーキパーツクリーンを使い、そして、洗浄を

諦めたことか、、、、、。

エアコン修理は、きちんと治さないと、いつまでたっても治らないので、コンプレッサー交換の時は

コンプレッサーから出てる、配管内に鉄粉があるかを確認しましょう!!

エアコンが不調な時は、一度きちんと診断してくださいね💛

   

ジムニーシエラ オイル交換・エレメント交換

2021年2月27日 土曜日

ジムニーシエラ オイル交換・エレメント交換

皆さんこんにちは(^^)/

愛車のオイル選びを入念に探し求め、モチュール、ワコーズ、モービルワン、カストロール、ペトロナス、オメガは置いといて(笑)

遂に辿り着いたのがロイヤルパープル!!

1度ロイヤルパープルを使ったらもう他のオイルには戻れないほどの体感をしたリピーターさんです。

わかります!!私も戻れません!!(笑)

かなり、オイルに詳しいので、知らないことが無いのでは無いかというぐらいの知識をお持ちで

もはや、オイル博士です!!

再度ロイヤルパープルの良さを認めていただき、とても嬉しく思います(*´ω`*)

ロイヤルパープルのオイルの説明につきましては、長文になりますので、

後々ブログにて、分けてご紹介させていただきます!!

ということで、ジムニーシエラのオイル・エレメント交換とSOD-1注入していきます(^^)/

エレメントはPIAAのマグネットオイルフィルターです。もうここらへんが、こだわりが感じられますね♪

自分の車に、良いものを使ってきちんとメンテナンスされていることが、よくわかります!!

何やらすごそうな2重フィルターです!!

 

皆さん意外と交換していないのが、ドレーンです。

オイル滲みの原因になりますので、オイル交換時はドレーンを必ず変えましょう!!

今回のオイルは、HPS5W-30

一番人気のオイル粘度です!!

 

それと、はい、でました!!最強添加剤SOD-1!!

SOD-1に至っては、今までの添加剤の要素を全てにおいて上回る実力の持ち主です!!

エンジンオイルだけでなく、パワステオイル・デフオイル・オートマオイルなどオイルとつくものには

色々添加できるパートナなのです!!

 

リフトで車を上げているついでに、

ファンベルトとACベルトも調整してほしいとのご要望でしたので、調整しました!!

 

これにて完成です!

トルク感アップしますので、楽しく運転できますね♪

自分の車を大切にできるのは、ユーザーの鏡です!

見習わせていただきます!!

またの、ご来店お待ちしております!(^^)!

トルコン太郎 レガシーB4

2021年2月26日 金曜日

皆さんこんにちは(^^♪

トルコン太郎での圧送交換についてご紹介させていただきます!!

20万㎞一度もオートマオイル交換していないとのことなので、コンタミチェックを行います。

全然OKですね!!そうなれば早速オイルパンを取り外して、ストレーナも交換します。

オイルの粘度はかなりサラサラで真っ黒…

鉄粉は…..す、す、すごいです(;゚Д゚)

 

規定トルクでストレーナを取り付け

オイルパンを液状ガスケットで取り付け(リキモリのガスケット)⇦かなりよかった😍🎵

それでは圧送交換開始します。

 

だいぶ綺麗になったので、規定温度に達したら、オーバーフローします。

 

診断機を使い、油温・油量調整をして最強添加剤SOD-1も注入します✨

以上で完成です!!
試乗して、フォルトがないのを確認して、納車です(^^♪
今回のオイルはスバル純正品です!

お客様からお声をいただきました(^^)

走りが別物!!

今までのアクセルを踏み込む感覚だと

スピードがですぎてヤバイ!!(笑)


大変ご満足いただきました😊🎵

ご依頼ありがとうございました(*^^*)

 

 

トラブルMini子・エンジンチェックランプ・ABSランプ点灯

2021年2月24日 水曜日

病気持ちのMini子(故障コード持ち)をオークションから買い取りました。

早速フェルトをチェックすると…
・DSCコントロールユニットのコーディングエラー
・FRM助手席側パワーウィンドーモーター断線
・ELVステアリングロックエラー

こういう事で元持ち主様も去って行ったのかなぁ…
治す業者さんもめんどくさかったかなぁ…
まぁ私の推測ですが(;’∀’)WWW

ということで、Mini子を治していきましょう!!

まず、1つめはELVステアリングロックエラーを削除します。

2つ目はDSCコントロールユニットのコーディングエラーなので、リプログラミングをします。

無事終了しました!!
と思いきや・・・
(・・?


更なる病気(診断コード)が顔を出しました

エラー内容がCBSデーター前のDSCブレーキパット摩耗警告….
え?

摩耗警告ということは….
CBSをリセットしていないということでしょーか(。´・ω・)?
では、リセットしてみます。
(CBSとはオイル交換や点検、パット交換の時期を教えてくれることです。)

フロントブレーキパット摩耗254%?!
ここがバグでした( ;∀;)

ちなみにリセットかけても修正は出来ません。

ここでDSCがバグってしまってチェックランプが点灯したと思われます。

なぜこの結果を招いてしまったのかといいますと…

ブレーキパットセンサー部が摩耗しているにもかかわらず、パットセンサーを交換せずに何キロも走行したためバグが生じました。

というわけで、センサーに大丈夫ですよーという信号を送ってあげました。

再度CBSのリセットをかけると…

故障コード無しになりました!!
はい!完治です!!
部品代¥0円でした!!

この子は無事に日常を過ごせる様になりました♪

次はオイル交換して血液を綺麗にしてあげましょう(*^^*)

お問い合わせ

TEL.0185-55-3131

FAX.0185-54-1486

営業時間:9:00-18:00(年中無休)