トラブルMini子・エンジンチェックランプ・ABSランプ点灯 | OoHiRa -(株)大平自動車-  
   

能代市の中古車選びは、OoHiRa(大平自動車)へ。大平自動車は、秋田県能代市で中古車販売・整備・車検・鈑金・ロードサービスを取り扱う会社です。

     
営業時間:9:00-18:00(日祝休)
TEL.0185-55-3131
FAX.0185-54-1486

ブログ

トラブルMini子・エンジンチェックランプ・ABSランプ点灯

 

病気持ちのMini子(故障コード持ち)をオークションから買い取りました。

早速フェルトをチェックすると…
・DSCコントロールユニットのコーディングエラー
・FRM助手席側パワーウィンドーモーター断線
・ELVステアリングロックエラー

こういう事で元持ち主様も去って行ったのかなぁ…
治す業者さんもめんどくさかったかなぁ…
まぁ私の推測ですが(;’∀’)WWW

ということで、Mini子を治していきましょう!!

まず、1つめはELVステアリングロックエラーを削除します。

2つ目はDSCコントロールユニットのコーディングエラーなので、リプログラミングをします。

無事終了しました!!
と思いきや・・・
(・・?


更なる病気(診断コード)が顔を出しました

エラー内容がCBSデーター前のDSCブレーキパット摩耗警告….
え?

摩耗警告ということは….
CBSをリセットしていないということでしょーか(。´・ω・)?
では、リセットしてみます。
(CBSとはオイル交換や点検、パット交換の時期を教えてくれることです。)

フロントブレーキパット摩耗254%?!
ここがバグでした( ;∀;)

ちなみにリセットかけても修正は出来ません。

ここでDSCがバグってしまってチェックランプが点灯したと思われます。

なぜこの結果を招いてしまったのかといいますと…

ブレーキパットセンサー部が摩耗しているにもかかわらず、パットセンサーを交換せずに何キロも走行したためバグが生じました。

というわけで、センサーに大丈夫ですよーという信号を送ってあげました。

再度CBSのリセットをかけると…

故障コード無しになりました!!
はい!完治です!!
部品代¥0円でした!!

この子は無事に日常を過ごせる様になりました♪

次はオイル交換して血液を綺麗にしてあげましょう(*^^*)

お問い合わせ

TEL.0185-55-3131

FAX.0185-54-1486

営業時間:9:00-18:00(年中無休)